自己破産するにも費用がかかる。それはどれくらい?

債務整理,東京,費用

自己破産にかかる費用は、裁判所に対して支払うお金と弁護士に支払うお金の2種類からなります。 裁判所に対しては印紙代や切切手代が数千円程度の費用が必要になります。 これらは借り入れ件数などにより変動しますので、一律に決定されているわけではありません。また自己破産には予納金も必要で、同時廃止事件の場合は1万から3万円、少額管財事件の場合は最低でも20万は必要です。 自己破産の弁護士費用については、法律事務所ごとに料金が自由に設定されていますので、いくらと断定はできません。

ただ自己破産の費用相場としては同時廃止事件で25万から30万、管財事件で35万円前後とされています。法律事務所によってはホームページで自己破産などの料金の詳細について公開しているところもありますので、頼む前にそちらを参考にしておいてもいいでしょう。 このように自己破産には、それなりのお金も必要になります。しかし自己破産をしようと考えるほどですから、これらの費用を用意できないことも十分考えられます。家族や親族などにお金を工面してもらえる人なら問題ないかもしれませんが、そのような環境にない人はせっかくの法的手段も利用できなくなってしまいます。

そこで最近は法律事務所もこのような事態に対応するようになっており、弁護士報酬を分割で支払うことができたり、最初に必要な着手金を無料としているところもあります。また相談だけなら自治体などが開催している無料の法律相談会がありますので、そちらを利用してもいいでしょう。弁護士、司法書士事務所も自己破産等の債務整理は、初回相談料が無料のところが多いようです 余談ですが、弁護士費用にも地域差があるようです。東京や大阪等の大都市だと家賃や地代、その他事務所を維持する費用が、地方に比べて格段に高く、結果として弁護士費用も高くなってしまうようです。