自己破産が終わったらクレジットカードは持てるんですよね!?

クレジットカードと債務整理

自己破産をするとクレジットカードは持てなくなると聞いたのですが、実際はどうなのでしょうか!? 日々の暮らしで便利に使う事ができ、日常のショッピングや公共料金の支払い等でポイントがたまるなど、お得感のあるクレジットカードですが、自己破産手続きの開始以降は、持つことや、新たに作ることが出来なくなってしまうのでしょうか!?

自己破産をしてしまった場合、個人の信用情報を扱っている個人信用情報機関や日本信用情報機構、全国銀行情報センター等にその自己破産の個人データが記録されます。 多くの金融機関は、クレジットや融資の審査を行う場合、個人信用情報機関などにアクセスし、審査対象者が支障なく返済などをやり遂げられるかを審査します。そういうわけで、これらの個人信用情報機関などに自己破産の記録情報が登録されてしまった場合5年から10年の間は記録が残るので、「支払い能力が低い、または信用できない」などと判断され、一般的にはクレジットカードを作ることは不可能ではないものの、相当に困難になります。そして、今まで使っていたカードも使用できなくなるケースが多いです。 このような状態のことを、一般的に「ブラックリストに載る」といいます。

自己破産後、10年位の期間が過ぎた後も、「ブラックリスト」データが削除されずに残っている場合や、データが削除されたとしても、10年間全く借り入れやクレジットカードの作成を行った記録が無いので、過去に自己破産などを行ったものと推定され、クレジットカードを作ることが不可能なケースがあります。これが自己破産のデメリットの一つです。

逆に、自己破産後のデータが残存している期間であっても、現在の収入がある程度高く、支払い能力があると確認できればクレジットカードを作成することが可能となるケースもあります。

現代の生活では、インターネット通販も普及しクレジットカードを使用する機会は数多くあります。クレジットカードが持てないのは不便ですよね。

自己破産などにより、クレジットカードを作ることは無理であったとしても、クレジットカードと似たような機能のカードが存在します。 これは、一般的に、プリペイド方式や、支払いと同時に銀行から引き落としが行われるデビット方式のカードで、普通のクレジットカードとは少々性質に違いがあるものの、支払いなどの便利さはあまり大差ないカードです。 デビットカードだと、自己破産後でも作ることが可能なので、便利だと思います!。