任意整理をすると携帯は持てませんか?任意整理と携帯電話の直近情報

任意整理と携帯電話

任意整理と携帯の関係についてです。 まず、任意整理をすると、どうなってしまうのでしょう!?何が起こるのでしょう!?

任意整理を行うと、話し合いによって出された月々の返済残額を分割して支払っていく事になります。 借金の利率がカットされたり、過払い金の発生などで任意整理前に比べると月ごとの支払い額が低く決定なるため、支払いに余裕が出て安心して生活していくということができるようになるでしょう。後は決められた額を月々支払って行くだけです。 しかも任意整理後は家庭生活の面で改善が現れてくることがあります。

任意整理後はある程度の期間、クレジットカードが使用できなくなってしまいます。任意整理を行うということは借りたお金を返せないので金利をカットしたり、毎月の支払額を減らしてもらうことなので、事故扱いになります。 そのため、貸した金額を返せる確率が弱いと判断されるため、クレジットカードは使用できなくなります。

任意整理をしなかったクレジットカードも使用できなくなる可能性が大きく、それまでの間は、既に入手したものなどの支払のという目的のためにだけのクレジットカードとなってしまいます。 このケースでは、任意整理を行っていないのだから、当初の契約意味の通りの利率を支払い続ける必要があります。

銀行又は金融機関が発行するカードも同様に、任意整理後は月割り払いでも購買も審査が通らなくなる可能性が高くなります。 車や家電など高額な買い物の分割払いも、この人がお金を返せるのか、調べられます。 任意整理をしたという情報が信用情報機関に照会されますので、まず審査の段階で断られてしまうでしょう。

意外と知られていないのが携帯電話についてです! 任意整理後の携帯電話への影響なのです。

任意整理をしても、工夫をすることで、携帯電話を使い続けることは可能です!

スマホなどの携帯機種本体の価格が高額になってきているために、毎月の通話代にプラスして携帯機種本体の価格も分割支払いを行うという方法が、最近では一般的です。 その為、任意整理をすると携帯機種本体の代金を分割で購入することができなくなる可能性が出てきます。 携帯電話料金の支払いを任意整理していなければ、携帯電話自体は現在通り利用し続けることができますが、携帯電話本体は全部一括での支払いを行わなければ、次の機種変更はできなくなるのです。機種変更時に、一括で機種代金を払えば新たな携帯の機種変更は可能です。

携帯やスマホの機種価格を月々の支払いに含めて払うやり方だと、しばしば言うゼロ円携帯でも分割払いと同じ事になってしまうのです。それは任意整理後のブラックリストにも絡んできます。任意整理をしなくても、携帯電話料金の滞納が続くと延滞リストに載ってしまうので、分割払いで借りられなくなります。 月に数千円の携帯価格帯だと思いますが、携帯は忘れられがちな箇所なんです!携帯には配慮しましょう!