任意整理をしたら住宅ローン等の借金はどうなるの?借金の任意整理しようと決意していらっしゃるなら!

借金の任意整理

債務整理って、いろいろな方法がありますよね!?

その何種類かの方法の一つが、任意整理です。 任意整理の特徴は「借入金を減額できる債務処理」であり、借入金の種類を選択して債務処理をすることができるのが任意整理の特徴です。

借金の減額については、弁護士や司法書士が債権者と任意の交渉を行って、現在の借入れ金額を減額することで任意整理を行い、減額後の借入金は一定期間での返済が必要になります。借金が全部無くなる方法ではありません!でも、その事で、より現実的な債務整理の方法だとも言えるのです。 このため任意整理は「返済能力が必要な任意の整理」とも言われています。

この、借金の種類を選択する利点は、連帯保証人を立てている借金を債務処理すると、債権者は連帯保証人に対して請求をするため、連帯保証人に支払い能力が無ければ債務整理が必要になるのです。 このような借金を除外して任意で債務整理をすることが出来る利点です。

自己破産などの時には全部の借金が対象となるため、連帯保証人に迷惑をかけてしまう恐れが高いですが、任意整理の時は借金を選んで借金問題を解決出来ると言うメリットが在ります。

また、任意整理はマイホームを持っているケースでも、マイホームを手放さずに借金問題を解決が出来るのもポイントで、任意整理後の借金の返済と住宅ローンの支払いができれば、変わらずに住宅を持ち続ける事が出来ますし、住宅ローンも以前と同じように借金返済を続けて行くことができます。 この点は、とてもありがたい仕組みです。

しかし、任意整理を行って借金が減額しても、住宅ローンの支払いの余裕がなく住宅ローンの返済が出来なくなる場合は、銀行などの住宅ローンの債権者との話し合いを行い、返済期間の延長や一時的な借金返済の免除と言った事が当然必要です。

このケースになると、合意が出来なければ、任意整理以外の手段で借金問題を解決する事になります。 個人再生の場合はマイホームを手放さずに借金問題を解決出来るのに対し、自己破産の場合はマイホームを手放さなければならないなどの違いが在ります。

以上の理由で、債務問題に強い弁護士や司法書士に任意整理を依頼し、債権者との借金減額交渉でいかに有利な合意を結べるか!が一番重要なのです。 つまり、そのような弁護士、司法書士さんとの出会いが大切です。