任意整理でブラックリストに載った場合の期間の考え方

任意整理とブラックリスト

任意整理とブラックリストの関係についてです。 任意整理をするとブラックリストに登録されると聞きますが、実際はブラックリストを金融機関が作成しているのでは無いのです! 任意整理をすると、その人の信用情報に「金融事故があった」という記録がされることになります。その情報を世間ではブラックリストと呼んでいるのです。そしてブラックリストを作成しているのは、 信用情報機関なのです。 クレジットや割賦払いでの買い物は、事前に審査が必ずおこなわれます。対象者の信用情報を調べ、この他に購入した商品の支払い状況をチェックしているのです。 この信用情報というものは、一見目立たない事なのですが、現代の生活に大きく係わっているものなのです。

信用情報会社は複数あり、同じ信用情報会社とその系列に加盟しているブラックリスト情報は、どの会社もすぐにブラックリストを調べる事ができるのです。 A社で割賦で商品を手に入れようとしたとき、A社がそれ以外の信用機関に加盟していた状況だと「B社への支払いに遅れがあった」「C社の返済が事故だ」というブラックリストの情報が出てこないケースがあります。 しかし支払いの不能が連続してしまったり、任意整理等の金融事故を発生させた状態なら、全ての信用機関で金融事故の情報(ブラックリスト情報)をシェアするのです。 そのため、任意整理したケースだと、他のお店でクレジットカード等で商品を割賦購入しようとしてもその任意整理の情報が認識されてしまっているため、分割払いでの購入は拒否されてしまう確率が高くなります。 そういう理由で「任意整理をすると必ずブラックリストに載る」ということもできるのです。

しかし、任意整理等で一度ブラックリストになったとしても永久にブラックリスト状態ではありません。 任意整理で調整された返済が全て完了してからから約5年間はブラックリスト情報が残りますが、それ以降は解消されます。 よく誤解されるのが「任意整理の返済額を全額返し終わってから5年間保存される」という点です。 任意整理による返済開始から返済をしている期間は入れられていません。ですので、任意整理をやって返済に7年かかった場合、7年プラス5年で12年間はブラックリスト状態ということなんです。